名鉄常滑線 海の見える撮影地(西の口~蒲池)

名鉄常滑線は海沿いを走るイメージはありますが、
実際には車窓から海が見える場所はほとんどありません。
また、海と絡めて写真を撮ろうとすると、さらに場所は限定されます。
この場所は中部国際空港開港時に建設された国道155号線のバイパスで、
片側2車線の広い道路で、比較的高所を通っていることから、条件さえそろえば
海沿いを走るミュースカイなどが撮影できます。
条件とは、なんと言っても「空気の澄んだ晴れた日」に尽きます。
冬の寒い晴れた日がおすすめです。
線路沿いに並ぶ木々は桜で、春に行けば桜も絡めて撮影可能ですが、列車にかぶります。
夏は緑の葉に覆われ、これも列車にかぶります。やはり葉が散った冬がおすすめ。
なお、対岸に見えるのは伊勢湾を隔てた三重県四日市市のコンビナートです。
レンズはかなりの望遠が必要です。
※注意 天気が悪いと海は一切見えません。

Canon EOS kiss DAGITAL or EOS 10D
Canon EF200mm F2.8L Ⅱ / Canon EF300mm F2.8L
2006.12.09
名鉄常滑線 西の口~蒲池(国道155号線歩道より)

2+

コメント