過去の記事

過去の記事

明知鉄道 稲の海を行く
稲の海にうかぶ船のよう。明知鉄道 阿木~飯羽間 Canon EOS7D MarkⅡCanon EF200mm F2.8LⅡ2021.07.22
農村景観日本一の地  明知鉄道
広大な田園風景の中を行く明知鉄道 Canon EOS7D MarkⅡCanon EF200mm F2.8LⅡ2021.07.22明知鉄道 農村景観日本一展望台より
長良川鉄道 2021年春 深戸駅
深戸駅の桜は満開でした。長良川鉄道の中で、雰囲気のあるお気に入りの駅です。 Canon EOS7D MarkⅡCanon EF200mm F2.8LⅡ2021.03.25長良川鉄道 深戸駅
長良川鉄道 2021年春 福野~美並刈安 雨と桜
雨の桜もこうして見るといいものです。国道の歩道からの撮影です。 Canon EOS7D MarkⅡCanon EF200mm F2.8LⅡ2021.03.25長良川鉄道 福野~美並刈安
長良川鉄道 2021年春 桜のトンネル 関下有知駅
関下有知駅前側道には多くの桜の木が植えられており春になると桜のトンネルの様になります。 撮影当日はまだ7~8分咲きという感じでした。 Canon EOS7D MarkⅡCanon EF300mm F2.8L2021.03.25長良川鉄道 関市役所~関下有知
JR飯田線 昔の写真 佐久間レールパークができる前の佐久間駅
昔の飯田線佐久間駅構内の様子。旧型車両たちが余生を過ごすと言った雰囲気の時代だったこの頃。なにげに撮った一枚。80系が留保(放置)されている場所は、後に佐久間レールパークとして開園した。(2009年閉園)1983年頃撮影したと思う。 JR飯田線 佐久間駅
明知鉄道 農村景観日本一 阿木~飯羽間
農村景観日本一の地と称される岐阜県岩村町。これは冬枯れの田ですが、夏から秋にかけては美しい水田、黄金の稲穂の風景が広がります。そんな風景の中を行く明知鉄道。 Canon EOS7D MarkⅡCanon EF200mm F2.8LⅡ2021.01.16明知鉄道 阿木~飯羽間 農村景観日本一展望所より
JR高山線 神社の参道を横切る 第4種踏切 下原八幡神社 飛騨金山〜焼石
神社の参道を横切る第4種踏切。 参道に二つの鳥居があるのですが、その真ん中をJR高山本線の踏切があります。もちろん特急ひだも通過していきます。 第4種というのは警報器、遮断機ともに無く「止まれみよ」だけの踏切です。 Canon EOS7D MarkⅡCanon EF16-35mm F2.8LⅡ2020.12.29JR高山線 飛騨金山~焼石 下原八幡神社
JR高山線 特急ひだ 飛騨川沿いのS字カーブを行く
紅葉シーズンも終わり、何もない冬枯れの飛騨川沿いを行く特急ひだ。加速時にうなるエンジン音と排気ガスの煙がなんかいい。 Canon EOS7D MarkⅡCanon EF200mm F2.8L2020.12.29JR高山線 飛騨金山~焼石
名鉄三河線 碧南ー吉良吉田 廃線5日前の様子 最後の前面展望だったんでしょう
2004年4月1日に廃線とった名鉄三河線末端(碧南~吉良吉田)廃線5日前最後の土曜日3月27日に撮影したものです。 譲り合うように前面展望にかぶりつく子供たちが、楽しそうでもあり淋しそうのも見えた。 名鉄三河線 碧南~玉津浦(廃線)2004年3月27日撮影
名鉄三河線 碧南火力発電所をバックに矢作川を渡るLEカー 2004年4月1日廃線(碧南〜吉良吉田)
2004年4月1日をもって廃線になった名鉄三河線末端区間(碧南〜吉良吉田)の在りし日の写真です。 望遠レンズを使って碧南火力発電所をバックに矢作川鉄橋を行くLEカーを撮影。碧南市を象徴するような絵ですが、鉄道は失われました。 2004年3月27日撮影
空気感 名鉄2200系 一ツ木カーブ(一ツ木~富士松)
ピントがドンピシャで合うと空気感のようなものが漂う。時々そういう写真が撮れるとうれしくなる。 Canon EOS7D MarkⅡCanon EF200mm F2.8L2020.12.6名鉄名古屋本線 一ツ木-富士松
西日置ガード東のお地蔵さま 名鉄本線 名古屋~山王
名鉄電車がひっきりなしに通過して行くガード下いつからいるのかお地蔵さま Canon EOS6DCanon EF16-35mm F2.8L 2020.11.21名鉄名古屋本線 山王-名鉄名古屋
名鉄常滑線 海の見える撮影地(西の口~蒲池)
名鉄常滑線は海沿いを走るイメージはありますが、実際には車窓から海が見える場所はほとんどありません。また、海と絡めて写真を撮ろうとすると、さらに場所は限定されます。この場所は中部国際空港開港時に建設された国道155号線のバイパスで、片側2車線の広い道路で、比較的高所を通っていることから、条件さえそろえば海沿いを走るミュースカイなどが撮影できます。条件とは、なんと言っても「空気の澄んだ晴れた日」に尽きます。冬の寒い晴れた日がおすすめです。線路沿いに並ぶ木々は桜で、春に行けば桜も絡めて撮影可能ですが、列車にかぶります。夏は緑の葉に覆われ、これも列車にかぶります。やはり葉が散った冬がおすすめ。なお、対岸に見えるのは伊勢湾を隔てた三重県四日市市のコンビナートです。レンズはかなりの望遠が必要です。※注意 天気が悪いと海は一切見えません。 Canon EOS kiss DAGITAL or EOS 10DCanon EF200mm F2.8L Ⅱ / Canon EF300mm F2.8L2006.12.09名鉄常滑線 西の口~蒲池(国道155号線歩道より)
名古屋市中村区黄金一帯 向野橋からJR東海名古屋車両区 名駅の超高層ビル群を望む
名古屋駅周辺に密集する超高層ビル。少し離れた場所から眺めるとなんとも不思議な風景。大いなる田舎と言われる名古屋の珍風景。ここは、近鉄黄金駅から数分歩いたところにある向野橋の上から名駅方面を眺めたところ。下にある沢山の線路は、近鉄、JR関西線、あおなみ線、特急しなのが止まっているところは、JR東海名古屋車両区。時間帯によっては、しなの、ひだなどの特急車両の並びが見られる。鉄道ファンにとっても楽しい場所。 Canon EOS6DCanon EF50mm F1.2L2020.11.21名古屋市中村区向野橋より撮影
名鉄沿線の秋 名駅通りの銀杏並木 (山王~名鉄名古屋)
名鉄沿線で秋を感じられる場所と言えば、尾西線山崎駅周辺のそぶえの銀杏が有名ですが、毎日通勤電車から見える山王駅から名古屋駅までの名駅通りの銀杏もきれいで、ずっと気になっていました。もう、何十年も通勤途中の車窓から見ているだけでしたが、この日ついに山王駅で下車して、その風景に中に立って見ました。(もちろん休日に) Canon EOS6DCanon EF200mm F2.8L Ⅱ / Canon EF50mm F1.2L2020.11.21名鉄名古屋本線 山王-名鉄名古屋 名駅通り
名鉄3300系 一ツ木~富士松 (撮影地一ツ木カーブ)
名鉄の通勤型電車3300系。名鉄といえば、赤い電車というのがイメージされますが、今はこれが主流。3300系もかなり増産されましたが、今後は、3300系をベースに改良された、9500系、9100系が増産されると思われます。一ツ木カーブで撮影。 Canon EOS7D MarkⅡCanon EF200mm F2.8L Ⅱ2020.11.29名鉄名古屋本線 一ツ木~富士松
名駅通りのイチョウとパノラマスーパー 銀杏の葉が大量の蝶に見えた
歩道の植え込みに散った銀杏の葉が大量の蝶に見えた。ローアングルでパノラマスーパーが通過していくところを撮影。 Canon EOS6DCanon EF16-35mm F2.8L Ⅱ2020.11.21名鉄名古屋本線 山王-名鉄名古屋 名駅通り
とこにゃんと名鉄電車 名鉄常滑線 常滑~りんくう常滑
名鉄常滑駅付近の「とこなめ招き猫通り」丘の上から街を見守るとこにゃん中部国際空港へ向かう特急電車 Canon EOS6DCanon EF50mm F1.2L USM2020.11.14名鉄常滑線 常滑~りんくう常滑(常滑駅付近)
名鉄知多新線 秋 パノラマスーパー 野間~内海
基本街中を走る名鉄電車ですが、知多半島の内部へ入ると山間部を走るイメージの写真撮影ができます。シャッター遅れで正面が木々にかぶって残念な感じになってますが、これはこれで良しとしておきます。(・ω・) Canon EOS6DCanon EF200mm F2.8L Ⅱ2020.11.14名鉄知多新線 野間-内海 小野浦駅(未完)付近
JR高山線 2020年秋 特急ひだ 渚~久々野
紅葉は少々早めだったが、日が傾き夕日に照る山が黄金に染まる。電車の時間が迫って来て、適当な場所で大急ぎで撮影。渚駅近くの「道の駅」前だが、バックの紅葉はこの日一番きれいだった。 Canon EOS6DCanon EF50mm F1.2L USM2020.10.30JR高山線 渚-久々野
JR高山線 2020年秋 特急ひだ 飛騨金山~焼石
JR高山線の有名撮影地静寂を破って現れるワイドビュー飛騨自身の振動で水面を揺らしてしまい、きれいな水鏡にならない。今回はワイドレンズで山まで入れて撮影してみた。 Canon EOS6DCanon EF16-35mm F2.8L2020.10.30撮影JR高山線 飛騨金山ー焼石 下原ダム湖
JR高山線2020年秋 特急ひだ 渚~飛騨小坂
JR高山線2020年秋 渚~飛騨小坂 特急ひだまだ紅葉しきっていないが、これはこれでいい。飛騨小坂無数原大橋から撮影。下に見える小さな橋から撮影する事もできるが、今回はさらに上の橋から俯瞰気味に撮影してみました。 Canon EOS6DCanon EF50mm F1.2L USM2020.10.30JR高山線 渚-飛騨小坂(無数原)
三岐鉄道北勢線 200系 めがね橋(麻生田~楚原)
三岐鉄道北勢線 めがね橋(麻生田~楚原)200系(K77編成)北勢線開業100周年記念旧北勢線カラー。めがね橋のコスモスはかなり残念な感じだった。 Canon EOS6DCanon EF50mm F1.8 STM2020.10.18三岐鉄道北勢線 麻生田~楚原
三岐鉄道北勢線 東員駅 
毎年開催される東員町コスモスまつり。休耕田を利用し作付されたコスモス。ナロー軌道の小さな黄色い電車とコスモスのコントラストがいい。 Canon EOS6DCanon EF200mm F2.8L2020.10.17撮影三岐鉄道北勢線 東員駅
三岐鉄道北勢線 東員駅付近 コスモスまつり
コスモス畑と黄色い電車。コスモスを主題において撮影した写真ですが、後ろの電車をぼかし過ぎて、電車の存在感がなくなって、ちょっと残念な感じになった。お約束の後ろぼけ写真。 Canon EOS6DCanon EF200mm F2.8L2020.10.17撮影三岐鉄道北勢線 東員駅付近
紀勢本線 梅ヶ谷〜紀伊長島 オメガループ
鉄道で急勾配を登る場合、スイッチバック方式や山を回り込むようにらせん状に登る方式があります。この場所は、紀勢本線で荷坂峠を越えるらせん状のプール線。ループしている軌道がオメガ(Ω)の文字の様なので通称オメガループと呼ばれています。トンネルとトンネルの間を通過する車両が一瞬見える場所で、五感を研ぎ澄まして待ち構えていないと、一瞬のチャンスをものにできません。動画を撮る作戦もありますが私は写真派。 Canon EOS6DCanon EF85mm F1.82020.9.19撮影紀勢本線 梅ヶ谷〜紀伊長島(国道42号「マンボウの丘Pより」)
1 2 3 4 5